家族葬の定義とその長所、短所

家族葬と言うのは、家族などの近親者だけで行う葬儀であり、近親者以外の儀礼的、社交的弔問客の参列を極力排するお葬式の事をいいます。
形式は、密葬と似ていますが、密葬は、のちに本葬をおこなうのに対して、家族葬は、これだけで完結したお葬式です。


通夜、葬儀・告別式をおこなわず火葬だけを行う直葬と言う形式もありますが、家族葬の場合は、直葬とは別で、一般に小さな葬儀全般を指すものであり、葬儀の形式とか宗教に対する規定はありません。



利点は、参列者の数が少なく、飲食物やお返しへの金額の変動が少なく、予算が立てやすい事です。

次に、儀礼的な弔問客がいないために、落ち着いて故人とお別れができ、形だけ華やかな葬儀形式を省いて、心のこもった葬儀ができます。ただ、注意すべき事は、近隣の人に連絡しないので、自宅や集会所を使う事ができず、全て葬儀社の中で行うために、故人に気軽にあえない事です。

特別な毎日新聞情報サイトを使用する機会が増えています。

弔問に訪れたいと、考えていた人が、後で知り、不義理になったり、後からの弔問客が、ばらばらと訪れその後の対応に手間がかかる場合があります。



葬儀費用についてですが、お寺へのお布施とか、葬儀そのものにかかる費用(祭壇や棺代)は、一般葬とかわりませんので、この形の葬儀の場合は、それほど一般葬と変わりはありません。
家族葬を行う場合、葬儀終了後に地人、縁者に連絡をしないと、葬儀行う時、想定外の参列者があり、葬儀が混乱することがります。有名人が、「葬儀は近親者で行います」と言う場合は、近親者以外は参加しないでほしいと言う意思表示であり、家族葬をお粉と言う連絡があれば、弔問は、日を改めてにしましょう。