家族葬に関しての考察

現代は冠婚葬祭に関しての価値観が非常に変わってきています。それは必ずしも既成概念にとらわれた一般葬が良いと言うものでもないことを認識した人が多くなってきたのです。

一般葬とは出来るだけ多くの知人や友人、親戚に訃報を伝え、葬儀に参列してもらう盛大な葬式を指します。

しかし悲しみに暮れている遺族にとって、そうした一般葬で参列者に気を遣ったり、様々な手配に奔走するのは非常に身体的にも精神的にもきつい事なのです。



そこで最近は家族葬を選択して葬儀をする人が多くなっているのです。


家族葬はごく限られた身内や親族10名程度で行う小規模の葬式です。しかしこの家族葬は赤の他人が参列することがないので余計な気を遣わずにすみ、故人とじっくり向き合ってお別れすることが可能なのです。



家族葬は棺に入った故人とじっくり最後の話をすることもできます。

人の目をはばからずに、棺に思い出の品をたくさん入れてあげることもできるのです。

YOMIURI ONLINE情報選びを親身になってアドバイスいたします。

そのため遺族にとって非常にアットホームで思い出深い葬式にすることができるのです。しかし身内だけの葬式だからと言ってマナーや作法を忘れてはいけません。

黒や濃紺のフォーマルウエアに、真珠のネックレスやイヤリングをつけるのが正式な喪服です。
金属などの装飾がされていないフォーマルのバッグに黒のタイツで数珠を持って葬式に参列するのがマナーです。一般葬でない場合には四十九日があけて落ち着く時期には、墓の選定や墓石の建立を済ませたいものです。