家族葬で注意したいポイント

家族葬というと、遺族と親しい人だけによる葬儀で、費用を抑えることができるというイメージがあるかもしれませんが、葬儀が終わってからなくなったことを知った人たちが、週末のたびに自宅にきてしまい、遺族が対応で疲れてしまったり、親族から咎められる。

参列者の数に応じて香典の金額も代わるため、結果的に葬儀費用が高くついてしまうなど、注意しないといけないことがあります。

こうしたことを避けるには、故人の遺志で家族葬で行うため、参列を遠慮してもらう旨を伝えておいたり、式の前にこうした内容を書いた文書をファックスなどで送っておくと、トラブルが回避されます。

また、説得するのが難しい親族などについては、早めに相談しておくと、トラブルになりにくいといえます。
家族葬は、現代における新しい葬送で、身内だけでゆっくりとお別れが行え、費用を抑えることができますが、お葬式は故人や家族のものであるとともに、故人につながるさまざまな人のものでもありますから、そうした人たちにも、十分な配慮のもと、お葬式を進めていくことが大事です。



家族葬は、葬儀に準備に手間がかからないというメリットがあります。

家族葬情報を選びました。

通常なら、家族がなくなってから葬儀が行われるまで、2〜3日しかなく、その間に関係者に電話連絡をしたり、参列者の受け入れ準備をする必要があり、スケジュールに追われることになってしまい、故人とのお別れを偲んでいる時間などほとんどありません。家族葬なら、連絡は身内だけですみ、受付などを準備する必要もありませんから、ゆっくりとお別れができます。

livedoorニュースに関する詳細はこちらです。